~DIYトマブロ~

趣味・子育て・日記ブログ

    北海道 苫小牧在住 ~DIY~トマブロ~をよろしくお願いします

木工バイス製作

今日は卓上木工バイスを製作しました。

又簡単ですがご紹介します♪

 

まずは余ったMDF材と集成材をカット

f:id:t-nrm:20180118003459j:plain

寸法は決めずに余ったサイズを最大限無駄にならないように切断

f:id:t-nrm:20180118003620j:plain

M10の寸切りボルトを糸ノコでカット

ボルトが通る板10mmの穴を空けてTナットを打ち込み

f:id:t-nrm:20180118003728j:plain

こんな感じ

f:id:t-nrm:20180118003906j:plain

次に本体の組立

f:id:t-nrm:20180118003942j:plain

木工用ボンドで貼り付けてからビス留め

f:id:t-nrm:20180118004015j:plain

アルミの板の中心に9mmの穴を空けてから真っ二つにカットします

f:id:t-nrm:20180118004103j:plain

稼働するバイスの板に12mm程の穴を空けて寸切りボルトに溝をサンダーで入れました

ボルトが木の中で空回りするようにします

f:id:t-nrm:20180118004212j:plain

本体がだいぶ出来てきました

f:id:t-nrm:20180118004422j:plain

固定される板を2本取り付け完了

f:id:t-nrm:20180118004513j:plain

稼働する板の下に溝をスライドさせる板を取り付けました

f:id:t-nrm:20180118004613j:plain

ボルトの溝に挟み込むようにアルミの板を取り付けて空回りするようにします

f:id:t-nrm:20180118004804j:plain

ハンドルを作製 適当な形にカットしてヤスリ掛けしたハンドルにM10のナットを埋め込んで接着剤で固めました

f:id:t-nrm:20180118004925j:plain

クランプで挟んで乾くのを待ってます

f:id:t-nrm:20180118005106j:plain

ハンドルを取り付けて完成!

f:id:t-nrm:20180118005154j:plain

ハンドルの使い心地も結構良い感じ♪

f:id:t-nrm:20180118005231j:plain

隙間の間隔もOK!

f:id:t-nrm:20180118005318j:plain

 これで後は卓上ボール盤を作製した時に活躍しそうです。

 

 

 

 

卓上テーブルソー 自作 2

前回作ったテーブルソーに取り付けるノコを作製しました。

 

ダブルボールベアリング775モータ高速大トルクDCモータ12V24V

M10シャフトスリーブ研削砥石研磨プレートカッティングソーブレードセット (M10-5mm)

 

 上記の材料を組み合わせて作りました

 

f:id:t-nrm:20180115203942j:plain

 スライド用の隙間に入れることにしました(^^ゞ

取り敢えず上手くいくか試作用に変更

f:id:t-nrm:20180115203133j:plain

モーターの転がり止めで細い木を2本設置

f:id:t-nrm:20180115204425j:plain

自在バンドでモーターを固定

f:id:t-nrm:20180115204524j:plain

天板からの高さが丁度良さそうなので一応OK

f:id:t-nrm:20180115204607j:plain

何度か微調整して直角水平を合わせて留めなおしました

f:id:t-nrm:20180115204657j:plain

モーターとバッテリーの間にマイナス線を片切りにしてスイッチを入れました

f:id:t-nrm:20180115204801j:plain

後で配線も丁度良く調整出来るように端子台を使い配線しました

f:id:t-nrm:20180115204910j:plain

バイク用のバッテリーを横にして設置

f:id:t-nrm:20180115205023j:plain

M6のボルトに線をハンダ付けしてバッテリーに取り付け

f:id:t-nrm:20180115205101j:plain

線を付けたので回すと線がグルグル巻きに(^^ゞ端子台から外してからボルト取り付け

f:id:t-nrm:20180115205201j:plain

バッテリーをBOXに入れてから動かないように木を設置

f:id:t-nrm:20180115205325j:plain

試運転動画です


卓上マルノコ 自作DIY

 まあまあパワーもあって2mmのアクリル板は簡単に切断出来ました(*^_^*)

 

卓上テーブルソー 自作 1

冬の間する事が無いので自宅でアクリル工作をする為に卓上の丸ノコを作製する事にしました♪

まずは近くのホームセンターで材料を買い出し

適当な板を何枚か購入

いつも通り設計図は無く行き当たりばったりで作製しますので、ちょくちょくホームセンターに通う事になりそうです。

丸ノコ盤の天板部分は平らじゃなければならないのでMDF板を数枚購入してきました

f:id:t-nrm:20180114154852j:plain

墨付け開始!下のノコが入るBOXより5cm大きく作っていきます

f:id:t-nrm:20180114155021j:plain

450×300mmの板を2枚使うので幅600mm×縦450mmになります

f:id:t-nrm:20180114155147j:plain

間にスライドさせる治具?を入れたいのでアルミのバーを挟みます

f:id:t-nrm:20180114155259j:plain

裏面に繋ぎ合わせる為の板を用意

f:id:t-nrm:20180114155536j:plain

バランスの良いところで繋ぎ合わせて行きます。100mm

f:id:t-nrm:20180114155617j:plain

木工用ボンドを付けて貼り合わせ

f:id:t-nrm:20180114155732j:plain

ビスも打ち込んで接着

f:id:t-nrm:20180114155810j:plain

天板の上部です。アルミバーの中に丁度ピッタリ嵌るアルミバーを入れてスライド出来るようにします

f:id:t-nrm:20180114155842j:plain

次に下のBOX作り。丸ノコ用のモーターとバッテリーが入ります

f:id:t-nrm:20180114160001j:plain

木工用ボンドとビスで接着していきます

f:id:t-nrm:20180114160058j:plain

長めのクランプ1本しか無かったので買ってきました(^^ゞ

f:id:t-nrm:20180114160140j:plain

卓上なのであまり厚みがあると使いづらいのでバイクのバッテリーを横向きに置いて少し余裕がある位にしました

f:id:t-nrm:20180114160223j:plain

底板を張り付けて一応箱になりました

f:id:t-nrm:20180114160427j:plain

天板とBOXを丁番で留めます

f:id:t-nrm:20180114160507j:plain

位置を決めてドリルで下穴を空けてビスを打ち込み固定

f:id:t-nrm:20180114160620j:plain

天板が結構重くなったので角にあて板を取り付けました

f:id:t-nrm:20180114160736j:plain

アルミバーの押さえで細い角棒を上下に取り付けて一応本体は完成!

f:id:t-nrm:20180114160843j:plain

真っ直ぐにカット出来るように定規を作ります

f:id:t-nrm:20180114161019j:plain

下の画像の角棒を天板に挟み込んでスライド出来るようにします

f:id:t-nrm:20180114161104j:plain

余ったMDF板を挟めば丁度ピッタリです♪

f:id:t-nrm:20180114161217j:plain

こんな感じ

f:id:t-nrm:20180114161317j:plain

真っ直ぐに曲がらないよう接着

f:id:t-nrm:20180114161342j:plain

定規でアルミバーとの間隔を合わせて行きます

f:id:t-nrm:20180114161428j:plain

天板に50mm間隔で線を引き目安になるようにしました

スライドも問題無し(*^_^*)

f:id:t-nrm:20180114161616j:plain

今日は本体を作製して終了

MDFは紙を圧縮して出来ているので水には弱いらしいので後で防水用にクリアでもスプレーします。

 

 

ホールソーボアビット

木工工作でDIYをしているとホールソーを使う事が多々あるので、Amazonで検索

15・20・25・30mmが入っているのは持ってるんですが、今回はボールベアリングを使いたかったのでそれに合う穴を空けたかったので種類が入った物を購入しました

 18本入ってます。普段は2980円らしいのですが、タイムセールで2500円でした

こんな感じで入ってました。

外見からは何mmなのか解らない(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171225193414j:plain

開けてみると薄っすら丸25の文字が見えます。測ってみると25mm当たり前ですね(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171225193515j:plain

ただ全部に刻印があるわけでは無くノギスで確認

f:id:t-nrm:20171225193641j:plain

いざ使う時に探すのは面倒なので箱にテプラを貼る事にしました

f:id:t-nrm:20171225193742j:plain

PCでテープ作り12mmテープ使用

f:id:t-nrm:20171225193848j:plain

テープトリマー角を丸くカットして剥がれづらくしてから貼り付け♪

f:id:t-nrm:20171225193950j:plain

これで一目で解るようになりました( ^^) 

f:id:t-nrm:20171225194110j:plain

ベアリングを購入する時はホールソーのサイズに合った物を選びます♪

 

シンワ測定 デジタルノギス 大文字 ホールド機能付き 15cm 19975

シンワ測定 デジタルノギス 大文字 ホールド機能付き 15cm 19975

 

 

 

キングジム ラベルライター テプラPRO  SR530

キングジム ラベルライター テプラPRO SR530

 

 

 

キングジム テープ トリマー テプラ RT36W

キングジム テープ トリマー テプラ RT36W

 

 

 

LED電子工作

冬になると外での大工作業が出来ないので工作をする事が多くなります

今日は、”秋月電子”さんで面白い物を見つけてネットで購入したので紹介します。

丸型のユニバーサル基盤27mm(ペットボトル基盤)です

↓↓こんなやつ(*^_^*)ペットボトルの蓋にピッタリ入るサイズ

f:id:t-nrm:20171224170448j:plain

早速空のペットボトルを用意して作業開始

f:id:t-nrm:20171224170607j:plain

両面に67穴のスルーホールがあります

ここにLEDと抵抗を半田付けしていきます

f:id:t-nrm:20171224170658j:plain

ちょっとチップLEDが白とびしていて解りづらいですが真ん中辺りがうっすら黄色味がかっています。アイスブルーって色だったような(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171224170826j:plain

チップLEDにはよく見ると角部分に切り欠きがあってそっち側がアノード(+)になってます

f:id:t-nrm:20171224171011j:plain

画像のピントが合ってなくてすいません(^^ゞ

抵抗は電圧12V電流20mA流したいのでLED3.1v

12(入力電圧)-3.1(ボルト)=8.9ボルト

8.9ボルト÷0.02アンペア=445オーム

なので近い抵抗を入れます。 

f:id:t-nrm:20171224171302j:plain

使わなくなった12V500mAのアダプターにスイッチを付けて

f:id:t-nrm:20171224171646j:plain

取り合えず完成

f:id:t-nrm:20171224171827j:plain

蓋の中央にハンダで穴を空けて線を通します

f:id:t-nrm:20171224171914j:plain

当たり前ですがピッタリ収まりました。

後でホットボンドでくっつけます

f:id:t-nrm:20171224172000j:plain

基盤は10枚買ったのでドンドン他のも試しに作っていきます

ピンクの5mmLEDにリフレクターを取り付けました

f:id:t-nrm:20171224172059j:plain

次はブルーLED2個5mm

f:id:t-nrm:20171224172210j:plain

緑LED2個のも作って合計4個で疲れたので終了(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171224172255j:plain

後は色に合うペットボトルに装着して点灯させてみます。

後日アップします。

今回使った電子部品は全て秋月電子さんで揃えたので是非試してみて下さい

 

秋月電子通商 - 電子部品・半導体 【通販・販売】

自作テーブルソー作製 1

バイクガレージ作製が一段落したので冬の間はちょこちょことミニDIYをします♪

ガレージ内の半分は作業場にしようと思っているので、テーブルソーでも自作してみる事にしました。

使用する丸ノコは日立工機の↓↓これです(^^ゞ

 

 まずベースにボルト用の穴を空けます

f:id:t-nrm:20171216170737j:plain

アルミベースでは無いので下穴を空けてからM6サイズで空けました

f:id:t-nrm:20171216171136j:plain

こんな感じで計4か所

f:id:t-nrm:20171216171238j:plain

木製の土台に付ける前にアルミ(3mm)に取り付けます

真ん中に赤い線を直角が出るように印します

f:id:t-nrm:20171216171323j:plain

先程の丸ノコを乗せて穴の位置にポンチしてから穴を空けました

f:id:t-nrm:20171216171507j:plain

ボルトの頭が出るとまずいので皿錐取

f:id:t-nrm:20171216171610j:plain

ボルトで固定したら電源をONして刃をアルミにあてて行きます

f:id:t-nrm:20171216171707j:plain

裏から刃が出てきました(^^)

因みにノコ刃はモトユキのグローバルソー(190mm)です

f:id:t-nrm:20171216171818j:plain

こんな感じです。多分微妙に直角では無いようなので微調整します

f:id:t-nrm:20171216171927j:plain

刃の垂直を調整するネジがあるので回して調整します

f:id:t-nrm:20171216172048j:plain

定規を充てるとかなり狂ってました(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171216172146j:plain

刃を動かすにはアルミとの隙間が無さ過ぎなので斜め切りもすると思ったので刃を45度にして隙間を確保しました

だいぶ良い感じに垂直になってます

f:id:t-nrm:20171216172230j:plain

ちょっと画像がボケてますが両方垂直が出ました(*^_^*)

f:id:t-nrm:20171216172436j:plain

後は土台を作って使えそうです

又続きは春に紹介します♪

 

光 アルミ3×200×300mm HA3230

光 アルミ3×200×300mm HA3230

 

 

 

 

 

FZ6Rのバッテリー取り外し

ちょっと遅くなりましたが、雪が降る日も多くなり気温もマイナスになる日が多くなってきましたのでバイク(YAMAHA FZ6R)のバッテリーを家の中に避難させます

f:id:t-nrm:20171206194511j:plain

まずはシートを外すためロックを鍵で回して取り外します

f:id:t-nrm:20171206194823j:plain

リアシートが外れます

f:id:t-nrm:20171206194937j:plain

次はフロントシートのビスを外します。後ろから覗くと六角ビスが2本見えます

f:id:t-nrm:20171206195022j:plain

サイズは5mmでした。

f:id:t-nrm:20171206195202j:plain

ビスの取り付け位置が悪い為、ボール型の六角で斜めから回してます

f:id:t-nrm:20171206195302j:plain

ビスを外して引き上げれば持ち上がりますが前部分に爪があるので持ち上げてから後ろにスライドさせると外れます

f:id:t-nrm:20171206195415j:plain

フロントシートが外れたらバッテリーの上にカバーが付いています

f:id:t-nrm:20171206195539j:plain

カバーの横部分にボルト2本で止まってます

f:id:t-nrm:20171206195642j:plain

レンチを使って2本とも外す。M10でした

f:id:t-nrm:20171206195733j:plain

ボルト2本を外せばそのまま取れます。

f:id:t-nrm:20171206195843j:plain

バッテリーが見えました

f:id:t-nrm:20171206195950j:plain

ここにもカバーがバッテリーの上に乗っかってます。

普通に持ち上げるだけです

f:id:t-nrm:20171206200035j:plain

マイナス線側にはカバーが無いです

赤いカバーを持ち上げてボルトを2本外せばOK

f:id:t-nrm:20171206200219j:plain

2本とも外れました。

f:id:t-nrm:20171206200403j:plain

ちょっと狭いですが何とかバッテリーを持ち上げて外します

f:id:t-nrm:20171206200455j:plain

外した部分はこんな感じです。

洗車とか掃除をしたかったのですが寒いので今日はやめます(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171206200553j:plain

家の中に入れてバッテリーチェック!

f:id:t-nrm:20171206200750j:plain

ワニグチクリップを取り付けて測定

f:id:t-nrm:20171206200832j:plain

電流、電圧、容量が見れます。12V出てます

f:id:t-nrm:20171206200937j:plain

自動なので勝手に充電が開始されました(^^ゞ容量90%

f:id:t-nrm:20171206201039j:plain

満充電になるまで放置

f:id:t-nrm:20171206201139j:plain

春になるまでバイクはお休みです。

 

バル(BAL) 12Vバッテリー専用 ACE CHARGER No1738

バル(BAL) 12Vバッテリー専用 ACE CHARGER No1738

 

 

 



 

ガレージ作製 NO.8

寒い日が続いていて外作業も辛くなってきました(^^ゞ

今日は風も強いのでガレージの中での作業です

アスファルトと土台部分に隙間があるのでモルコンを詰めて雨水が入らないようにします。

まずは砂利、モルコンを約2:1にして水で練っていきます

f:id:t-nrm:20171205200106j:plain

少しづつ練っていくのであまり大変な作業では無いです

f:id:t-nrm:20171205200445j:plain

隙間が多い所は結構モルタルが入ります

f:id:t-nrm:20171205200547j:plain

一応雨水が入らないくらいには詰め込めたので後は固まるのを待ちます

f:id:t-nrm:20171205200700j:plain

バイク、自転車置き場は半分で残り半分は作業場として使用予定なのでドアの高さに合わせて床を敷設する為まずは骨組み作りをします

f:id:t-nrm:20171205200812j:plain

水平器で高さを合わせていきます

f:id:t-nrm:20171205201024j:plain

中途半端になりましたが、天気が良くなってきたので急遽外観の作業に切り替えます(^^ゞ又天気が悪い日の作業としてとっておきます

バイクを出入りさせる扉を作製します

f:id:t-nrm:20171205201222j:plain

まずは間口の計測1918mmなので丁番の厚みと多少の余裕を見て6mm引いて2で割ります。幅956mmの扉を2枚作っていきます

f:id:t-nrm:20171205201329j:plain

卓上丸ノコで骨組みを一気にカットしました。

荒材の垂木です

f:id:t-nrm:20171205201603j:plain

こんな感じで骨組み

f:id:t-nrm:20171205201702j:plain

正面部分にWRCの板を貼り付けて上部分はポリカっで下部分はWRCの外装用サイディングを裏から貼る予定です

f:id:t-nrm:20171205201735j:plain

”木工ランド”

www.mland.gr.jp

でネット注文したWRCの19mm×181mm×2100mmのチャネルサイディングです

f:id:t-nrm:20171205201922j:plain

裏からビスで枠部分に留めて行きました

なかなか良い感じです♪

f:id:t-nrm:20171205202423j:plain

ルーターで枠の内角を削っていきます

f:id:t-nrm:20171205202534j:plain

バリバリ削っていき削り終わったらヤスリ掛けでバリ取りをします

f:id:t-nrm:20171205202701j:plain

削りカスがスゴイ(^^ゞf:id:t-nrm:20171205202817j:plain

組み終わったので防腐材を塗布していきます

f:id:t-nrm:20171205202943j:plain

次にステンレス丁番を取り付けて行きます

f:id:t-nrm:20171205203107j:plain

端から200mmの位置に決めます

f:id:t-nrm:20171205203459j:plain

仮付けして両扉の兼ね合いをみてから本付け

f:id:t-nrm:20171205203547j:plain

上部に取り付けるポリカは ”ばざいや” さんで注文しました

アクリル板|アクリルケースやアクリル加工専門販売アクリルショップ|はざいや

耐候クリアマット片面のポリカ材です

丸ノコでは割れそうだったのでジグソーでカットしました

f:id:t-nrm:20171205203726j:plain

カットしたポリカを裏側から貼り付けます

ドリルで穴を空けてステンのタッピングビスで留めて行きます

f:id:t-nrm:20171205204250j:plain

良い感じの光の入り具合です

f:id:t-nrm:20171205204447j:plain

こんな感じです

ポリカーボネートはカットが苦労しました(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171205204600j:plain

一応取り付けて今日の作業は完了しましたが、取り付け方が失敗で隙間が(>_<)

f:id:t-nrm:20171205204714j:plain

とりあえず後日調整することにして今日は終了です

f:id:t-nrm:20171205204828j:plain

防腐材を塗って無い部分と扉を直せば外観は一応完了です

何とかバイクを入れれる所迄は出来ました!(^^)!

 

 

ガラルファ(ドクターフィッシュ)

休日なので子供たちに何処に遊びに行きたいか聞いたところ水族館に行きたいと言うので、じゃあ行こうかということになったのですが、以前に何処かの水族館でドクターフィッシュの水槽に手を入れられる所での記憶が蘇ったらしく水族館じゃなくドクターフィッシュが欲しいと言い出した(^^ゞ

2人目の子供が生まれてからも暫くは熱帯魚を飼っていたのですが、自作のオーバーフロー水槽は子育てしながら維持するのは大変だったので撤去したのを二人共覚えていたらしく家では魚を飼う事が出来るとハナからわかっているので躊躇なく言ってきました

 

↓↓ ホームページにオーバーフロー水槽の作成を掲載してます。

nsrr.web.fc2.com

 

まあ熱帯魚は好きなので大曲にあるジョイフルAKに行ってきました♪

買ったのはコトブキの40cm水槽にしました

f:id:t-nrm:20171204004220j:plain

ポンプを装着

f:id:t-nrm:20171204010553j:plain

以前使用していたソイルのあまりを使います

f:id:t-nrm:20171204010658j:plain

水道水をシャワーにしてヤカンに入れてからゆっくりと入れていきます

f:id:t-nrm:20171204010744j:plain

ソイルが巻き上がると水が汚れるので気を付けながら入れます

f:id:t-nrm:20171204010926j:plain

魚だけでは淋しいので水草も3種類購入しました。

結構高かった(^^ゞ一つは枯れかけ?みたいで半額

f:id:t-nrm:20171204011031j:plain

真ん中のが半額でした。茶色い葉が目立ちます

f:id:t-nrm:20171204011227j:plain

水草癒されます(^^♪

f:id:t-nrm:20171204011329j:plain

鉢入りで可愛いです。

ドクターフィッシュは10匹買ってきました。1匹298円

袋ごと水槽に浮かべて水温合わせを30分程してから投入

f:id:t-nrm:20171204011431j:plain

娘が我慢出来ずに手を入れたら直ぐに寄ってきました(#^.^#)

f:id:t-nrm:20171204011636j:plain

沢山集まってツンツンしはじめました

ガラルファは皮膚の角質を食べてくれるのでアトピーとかにも良いそうです

f:id:t-nrm:20171204011735j:plain

餌は底棲肉食魚用を購入してきました

f:id:t-nrm:20171204011922j:plain

お腹がいっぱいだと手を入れてもあまり寄ってきません

水族館とかのはわざと飢餓状態にしているらしいです(^^;

f:id:t-nrm:20171204012149j:plain

環境適応能力も高く水温も結構温度幅があっても平気らしい♪

長生きしてくれると良いのですが…

因みに水温は25度に設定しています。 

 

寒い…

暖かい日が少なく外での作業が辛いのでなかなかやりたい事が出来ずにいます(^^ゞ

ガレージ作製も何とかちょこちょことはやっているのですが思うようには進まず気持ちばかりが焦っている状態です。

 

今日はガレージ完成の準備を家でしているので紹介します。

まずはネジや金物の整理をします

家で使っているのはキングジムさんのテプラ”SR530”です

多分操作を覚えればテプラのみでも簡単にテープの作製が出来るのでしょうが、僕はPCに接続して使用しています。

付属のソフトを使うと楽チンなので(*^_^*)

f:id:t-nrm:20171203084940j:plain

テープラベルの在庫がほとんど無かったので今回又”Amazon”さんでテープを追加購入しました。

12mmのテープが6色入って2465円でした

画像の他に緑と透明に黒文字のが入っていましたが、今Amazonさんを覗いてみるともう無い??期間限定だったのかな?

ただ純正ではなく”Itari”というメーカーの互換テープです

f:id:t-nrm:20171203085504j:plain

このテープをこれまたAmazonさんで購入した

アイリスオーヤマさんの工具箱パーツキャビネット×2にネジや金物を整理していきたいと思います

 

アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-30

アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-30

 

 

f:id:t-nrm:20171203085337j:plain

ソフトを立ち上げてまずはテープ作りをしていきます

作製画面はこんな感じでフォントや文字の大きさ等簡単に変更できて楽チンですf:id:t-nrm:20171203090337j:plain

一気に使いそうなテープを作製しました。

今回買ったテープは裏に剥がしやすいようにスリットが入っていて剥がしやすくなっていました♪

f:id:t-nrm:20171203090702j:plain

テープの角を丸くするハサミで4か所カットします

角を丸くすると貼った後テープが剥がれにくくなるので面倒ですがせっせとカット

f:id:t-nrm:20171203090909j:plain

ちょっと曲がってしまっている物もありますがこんな感じです(^^ゞ

f:id:t-nrm:20171203091149j:plain

あちこちに散らばっていたビス等を入れたらスッキリしました♪

まだまだありますが、後は徐々に整理していきます

f:id:t-nrm:20171203091346j:plain

今回購入したアイリスオーヤマのパーツキャビネットは作りも良くて使いやすそうです

積み重ねても安定しています

 

アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-30

アイリスオーヤマ 工具箱 パーツキャビネット PC-30

 

 

 

 

また見てね(^^)/